日本で台湾

【Zenes】台湾雲林県口湖郷産の天然カラスミを食べて台湾を支援

2022年3月19日

台湾雲林産。天然の極上カラスミを食べて応援

烏魚子

カラスミを食べたことがありますか?台湾では烏魚子と書きます。

カラスミとは?

ボラの卵巣を塩漬けしたものを塩抜きしてから天日干しで乾燥させたもの。台湾のカラスミは雲林県発祥と言われ、日本では高級珍味として売られている。

カラスミは台湾だけで作られているわけではなく、日本(長崎県が有名)やヨーロッパ(イタリアが有名)、エジプトなどでも作られています。

私の場合、父親が台湾に友人知人がいたこともあり、そのお土産としていただいたカラスミを子供の頃からたまに食べていました。

最近では台湾に行くと必ずお土産として買って帰ります。私はお酒は飲みませんが、妻に言わせると酒の肴に最高だそうです。

そんなカラスミですが、ネットで台湾雲林県口湖郷産の天然物をゲットしたのでそのあらましを報告します。

こちらもCHECK

台湾雲林県烏魚子
台湾のカラスミ雑学。起源、産地、販売店、価格の違いは何?

目次1 カラスミは高級食材であり珍味1.1 日本のカラスミ1.2 台湾のカラスミ1.2.1 3種類のカラスミ1.2.2 台湾でのカラスミの食べ方1.2.3 台湾のカラスミの大きさ1.2.4 カラスミの ...

続きを見る

Zenesクラウドファンディング

実はただ単にAmazonで買ったというわけではなく、Amazonで売っている同等品と同程度の価格で台湾から直送の上に、台湾の子供達を救うクラウドファンディングのリターン品としていただいたのです。

詳しくは上のリンクをご覧ください。タイトルは「台湾名産のからすみ作りと私塾で雲林県の子どもたちを救いたい!〜台湾名産地から天然からすみをお届け!〜」です。

台湾雲林県口湖郷の陳村長さんは貧困家庭の子どもたちが村で孤立し、やがて不登校になり、麻薬に手を出して問題になっていることを憂慮し、私財を投じて放課後の私塾を作り子供達の教育を行なっているそうです。

その私塾の軍資金として村の名産品であるカラスミを販売していくこととして、村人総出で作っているそうです。

つまり端的に言うと

ポイント

台湾の子供たちのために投資して、その返礼品としてカラスミがもらえる

と言うことです。イメージとしてはふるさと納税に近い感覚です。

これを行なっているのがZenesという観光サービス特化型クラウドファンディングです。

今回これを利用して台湾の子供たちを支援することにしました。しかも台湾の美味しいカラスミがそろそろ食べたいと思っていたので丁度良い感じでした。

リターン品のカラスミ

カラスミは台湾で買うと安いですが、台湾産のものを日本で買うとかなり高いです。

クラウドファンディングはカラスミの大きさによって支援金が違いますが、私は188g前後のカラスミ2つのリターン品のコースを選びました。税込・送料込みで15,356円でした。

ちなみにこれと同等と思われる品はAmazonでほぼ同価格でした。「188g」「台湾産」「天然物」というキーワードで探すと


本からすみ【1枚約187g前後】台湾南部産 厳選天然ボラの良質卵を100%の からすみ お中元ギフト プレゼント 敬老の日 ギフト お歳暮 おせち 冬ギフト

1g小さいですが、これが7,520円でした。2点だと15,040円。しかしこれは台湾南部産とあるだけで雲林産かは不明です。高雄などにも産地はあるようです。

さて、日本で台湾産の天然カラスミを買うとこれくらいの価格ということがわかりましたので、どうせ買うならそのお金が台湾の子供たちのために使われるクラウドファンディングに使ってもらった方が良いかなと思い、購入に至ったわけです。価格は同じわけですからね。

台湾からカラスミが届いた!

さて2022年3月1日に申し込んで、その内届くだろうと思っていたリターン品ですが、発送しましたという連絡が3月16日にありました。

台湾からの郵送品

台湾からの郵送品を郵便局の追跡紹介で検索

引用:郵便局

ご丁寧に郵便局の番号追跡ができるようになっていて、その案内もありました。台湾から届くのでそれなりに時間がかかるからでしょう。こういった配慮も素晴らしいです。

そして・・・。

台湾雲林産カラスミの味

3月19日に届きました。台湾から3日。意外と早かったですね。もう少しかかると思っていたのでこれは逆に嬉しいです。

雲林県烏魚子

雲林県烏魚子

割れることはないと思いますが、沢山の緩衝材に包まれて箱に入っています。

雲林県烏魚子2つ

雲林県烏魚子2つ

そして箱を開けてみるとそこにも緩衝材が。とにかく丁寧。入っていたのは台湾で私が買う大きさより更に大き目のカラスミが2つ。

村長兼私塾の理事長である陳さんのお言葉ハガキ(裏面は美味しい召し上がり方)と比較するとわかると思いますが、結構でかいです。でもこれで1つ188gだそうです。

陳理事長からのサンキューレターの内容。雲林。行ったことないので一度行ってここを訪ねてみたいですね。

阿釵魚學堂陳理事長

阿釵魚學堂陳理事長

 

台湾で専門店や土産物店でカラスミを買うと結構な頻度で日本語の説明書が付いてきます。

からすみの美味しいお召し上がり方

からすみの美味しいお召し上がり方

台湾では大根やニンニク、リンゴ、梨に挟んで食べたりするそうですね。あとお酒に漬けたりもするとか。日本ではあまりそういう食べ方はしない気がします。

早速少しだけ食べてみました。酒はなかったので少しだけ炙って。

美味いです。本当に。塩加減とねっとり加減、そして魚卵の旨味が凝縮したような味わい。いつも台湾で買っているカラスミよりも味が濃厚な気がしました。

陳さん、ありがとうございます。子供達のために是非頑張ってください。そして私はいつか本当にあなたの街を訪れるかもしれません。

flickrの写真ですが、雲林県口湖郷のカラスミ天日干しの風景がありましたのでシェアしたいと思います。この風景。実際に見たいですね。

Untitled

 

雲林カラスミまとめ

今回はクラウドファンディングでカラスミをいただきました。普通にネットでカラスミを買うよりも有意義な方法だと思います。

今回は天然物、台湾雲林県産、無添加という自分にとってはかなり高級なカラスミでしたが、一度くらいこういうものを食べてみるのも悪くないと思いました。

このクラウドファンディングは期限があるので申し込む方はお早めに

雲林県に行ってみる気になってきました。雲林県を知る良い機会になりました。ありがとうございました。

 

-日本で台湾
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング