広告 台湾雑学

台湾で安全・快適にインターネット接続するおすすめの方法まとめ

2023年9月13日

台湾でのネット環境はどうすれば良いのかわからない?

海外でスマホを使うにはどうすれば良い?レンタルWi-FiとかeSIMとかあるけど、何が良くてどんなメリットやデメリットがあるのかわからない?

海外でのネット接続方法は下記のような方法がありますが、使い方によって、おすすめは変わってきます。

ネット接続するには

  • SIMカードかeSIM
  • 携帯型レンタルWi-Fiルーター
  • クラウドSIM Wi-Fiルーター
  • 公衆フリーWi-Fi
  • 国際ローミング

それぞれメリットもあればデメリットもあります。そのためあなたの望む環境によっておすすめの方法も変わってきます。

ここでは簡潔にその概略を解説し、まとめてあります。詳細は各項目にリンクがありますので、興味のある方法の詳細をすぐに調べることができます。

台湾でのインターネット接続の比較表

横にスクロールします。

  SIMカード eSIM レンタルWi-Fi クラウドSIM フリーWi-Fi 国際ローミング
準備の手軽さ

事前郵送または空港で購入

アプリやwebで申し込み

要受け取り・返却

要申し込み・契約

準備不要

要申し込み・契約

料金の安さ

格安

格安

やや割高

日本でも使えることを考えると格安

無料

やや割高

セキュリティ

直接送受信

直接送受信

ほぼ問題なし

ほぼ問題なし

不安

直接送受信

複数台接続

テザリング

テザリング

Wi-Fi

Wi-Fi

Wi-Fi

要事前手続きの場合あり

SIMフリー

要SIMフリー端末

要SIMフリー端末

SIMフリー端末不要

SIMフリー端末不要

SIMフリー端末不要

SIMフリー端末不要

対応機種

全機種

要確認

全機種

全機種

全機種

MNO系列のみ

持ち運び

SIMカード/SIMピン

何もなし

機器/バッテリー

機器/バッテリー

何もなし

何もなし

設定の難易度

要SIMピン

QRコード読み取り

パスワード入力

パスワード入力

パスワード不要もあり

ローミングON

接続通信速度

速い

速い

遅くなる場合あり

遅くなる場合あり

アクセスポイントにより大きな差

速い

どういう人に向いているかは下記をご覧ください。

SIMカードとeSIM

物理的なSIMカードとスマホの内蔵チップに読み込むeSIMは同じ機能です。

他の接続方法よりコスパは良いので、安さと安全性を優先する人はこちらを選択すると良いでしょう。

物理的なSIMカードはスマホが苦手な方でも理解しやすい方法ですが、SIM自体が小さく、またSIMピンも小さいので紛失しないよう細心の注意が必要です。

eSIMは数年前からスマホメーカーが実装を開始し、それに伴い国内外の各通信会社も対応を始め、現在では既にかなり一般化しています。

eSIMはQRコードを読み込んで内蔵チップに通信のための情報を書き込むものなので、物理的な交換などは不要で簡単ではありますが、スマホが苦手な人には難しく感じてしまうところが欠点です。

また、一部の古いスマホなどはeSIMを実装していないため、使えない場合もあります。

いずれの方法でもレンタルWi-Fiや国際ローミングよりもリーズナブルなのが特徴です。

おすすめのeSIM

中でもおすすめのeSIMを2つ紹介します。

まずはtrifa(トリファ)です。trifaは日本初の日本製eSIMアプリ。

2023年10月台北に行った時に実際に使ってみましたので、検討中の人はぜひご覧ください。

→ 台湾でeSIMアプリtrifa(トリファ)を使ってみた感想

アプリからデータ残量が一目瞭然な上に、追加チャージも可能、さらに24時間365日の万全のサポートもあり。

eSIMデビューするなら特におすすめです。

→ トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

トリファ - 海外旅行用に最適なeSIMならtrifa

ERAKE Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

もう一つのおすすめはHolaflyです。

Holaflyは事前に用意できるプリペイドeSIMではただ一つのデータ容量無制限が最大のポイントです。

データ残量を気にすることなく、快適にスマホを使うことができます。特にYouTubeを見る人やポケモンGOなどのオンラインゲームをする人には最適です。(下記リンクから申し込みすると5%OFF

Holafly【台湾】プリペイドeSIM無制限

詳しい情報や、他のおすすめのSIMカードとeSIMについては下記をご参照ください。

SIMカード3つ、eSIM8つ紹介しています。それぞれ特徴があるので自分に最適なものを選びましょう。

→ 台湾旅行用におすすめのeSIMとSIMカードを厳選して徹底比較

台湾でスマホを使う
参考台湾旅行用におすすめのeSIMとSIMカードを厳選して徹底比較

目次台湾で使えるおすすめeSIM&SIMカードを徹底比較eSIMについての基本的知識eSIM以外の通信方法を使う場合の問題点eSIMを使うメリットや注意点eSIMを日本で購入してから出かけましょう台湾 ...

続きを見る

携帯型レンタルWi-Fiルーター

ルーターに事前にSIMが入っており、ルーターで台湾の通信会社の電波を受信し、それをWi-Fiでスマホやパソコンなどの端末に接続する方法です。

家族や友人などグループで複数端末接続する人はこちらがおすすめです。グループで割り勘すれば超お得。

多くのレンタルWi-Fiは最大で5〜10台程度の接続が可能なので、グループでの利用もしくは1人でも複数台接続する場合にはお得です。

ただし機器の受け取りや返却が必要で、それが人によっては面倒に感じるかもしれません。

また、連続接続可能時間の短い機器の場合は、機器自体も充電しなければならず外出時はモバイルバッテリーも必要になります。

おすすめのレンタルWi-Fi

誰にでもすすめられるレンタルWi-Fiを一つ挙げるなら海外WiFiレンタルショップです。

実際に私は台湾で使ってきましたので、詳細は下記をご覧ください。

→ 海外WiFiレンタルショップのレンタルWiFiを台湾で使った感想

レンタルでは珍しいクラウドSIM対応、使わない日は通信料0円、最大接続台数10台というのもグループ旅行には安心材料。

空港で受け取りの多いレンタルWi-Fiですが、空港で時間も手間も取られるのが難点でしたが、海外WiFiレンタルショップは出発2日前に自宅に届くので楽で安心です。

→ 海外WiFiレンタルショップの詳細はこちら

電源を入れなければ通信料0円

海外WiFiレンタルショップ公式サイトを見る

国をまたいだ旅行にも最適!

他のおすすめのレンタルWi-Fiなども含めて詳しくは下記で解説していますのでチェックしてみてください。

レンタルWi-Fi5社を比較解説しています。

→ 台湾で使えるおすすめレンタルWi-Fiルーターを徹底比較

参考台湾で使えるおすすめレンタルWi-Fiルーターを徹底比較

目次台湾で便利なレンタルWi-Fi5社を徹底的に比較携帯型レンタルWi-Fiのすすめ携帯型レンタルWi-Fiのメリットとデメリット台湾で使える携帯型レンタルWi-Fi5選海外WiFiレンタルショップ自 ...

続きを見る

クラウドSIMを使ったWi-Fi接続

クラウドSIMを使ったWi-Fi端末を使い、日本でも世界でも手軽に通信する方法です。

日本でも複数端末を使うことが多く、たまに海外に行く程度の人には最適な選択肢の一つです。

そもそもクラウドSIMって何?という人も多いと思います。

クラウドSIMとは

Wi-Fi機器内にSIMカードやeSIMがなく、全てをクラウドで管理する技術。クラウドWi-Fiとも言います。

今までのポケットWi-Fiとの大きな違いはこんな感じです。

  利用回線 利用国
今までのポケットWi-Fi 契約した会社のみ 日本国内のみ
クラウドSIMポケットWi-Fi 最適な回線を自動で選択 世界中で使える

既存のポケットWi-Fi(携帯型Wi-Fi)端末はSIMカードが入っており、契約したその回線しか使うことができませんでしたので、当然ながら日本国内での使用に限られていました。

一方のクラウドSIMを使ったWi-Fiの場合は、SIMカードの情報をクラウド上で管理しており、日本や台湾を含め各国の通信事業者とサービス提供者がそこで契約しています。

従って、各国ほとんどの回線を使うことができ、機器がその時、その場所で最善の回線を自動選択し、常に快適にネットが使える環境を構築するのです。

例えば日本で使う場合、docomo、au、SoftBankの回線を自動で選択します。台湾でも中華電信、台湾大哥大、遠傳電信の回線を同様に自動選択するのです。

詳細は下記をご覧ください。

→ 台湾旅行におすすめのクラウドSIM携帯型Wi-Fiの魅力を解説

そんなすごい技術が詰まったWi-Fiなんて高額なんじゃないかと思いますよね?

でも、そんなこともないのです。おすすめのクラウドWi-Fiについて紹介します。

おすすめのクラウドSIM

画像引用:クラウドWiFi

クラウドWiFiは上述のレンタルWi-Fiルーターのところで紹介した海外WiFiレンタルショップと同じ会社が運営しています。

料金は20GB/月で2,580円〜。自宅でも外出先でも使えることを考えるとかなりリーズナブル。

海外で使う場合は国によって利用料金は変わりますが、台湾の場合は同業他社と比較して最安の1GB/1日750円です。

最大のメリットは一切の設定や申し込みなどが不要なことです。日本から使い慣れた機器をそのまま持って行き、台湾到着後に電源オンだけです。

利便性は他のどの方法よりも楽です。詳細は下記の公式サイトをどうぞ。

月額2,580円から

クラウドWiFi公式サイトはこちら

解約違約金0円

公衆フリーWi-Fi

不便はあっても、とにかくお金をかけたくない。そもそもスマホなんかそんなに使わないから大丈夫という人にはおすすめです。

台湾はIT先進国です。世界最大級の半導体メーカーTSMCをはじめ、スマホのグローバルモデルで世界で戦うASUSやAcer、HTCといったメーカーもあります。ガラパゴス化した日本とは大きな違いです。

そういった背景もあり、台湾の公衆Wi-Fiは日本以上に発達しており、あらゆる施設、店舗、駅、ホテル、MRT、街中などで自由に利用できます

日本だと1時間のみなど時間や回数の制限があったりしますが、台湾ではコンビニやカフェの一部などを除きほとんどのところで制限はありません。

iTaiwanTaipei Freeなどを利用すれば全て無料で使えるのが大きなメリットです。

しかしデメリットもあります。

デメリット

  • パスワードを設定しないタイプが多く、通信のセキュリティが弱い
  • 移動しながらは使えない(常時接続できない)
  • 電波の安定性が弱く、通信速度に問題がある

これらのデメリットを受け入れられるならば、とにかく無料なので節約派には理想的な感じですが、現実には快適で安全に使える状況ではありません。

他のネット接続方法を用意した上で、ギガの節約のために使うという形が理想だと思います。

台湾でのフリーWi-Fiについては下記をご覧ください。

→ 台湾のフリーWi-Fi事情 - ネット接続はこれだけでOK?

参考台湾のフリーWi-Fi事情 - ネット接続はこれだけでOK?

目次日本より便利!?台湾のフリーWi-Fi事情フリーWi-Fiのメリットとデメリット台湾でフリーWi-Fiが使える場所iTaiwanとはコンビニやカフェのフリーWi-FiホテルのフリーWi-Fi電車内 ...

続きを見る

国際ローミング

国際ローミング(海外ローミング)は、あなたが日本で利用している回線会社と提携した台湾の会社が通信網を提供します。

機器を持ち歩くこともなく、交換も設定もないので、スマホが苦手な人には最適です。

格安SIMはこのサービスを提供していませんが、大手4社はそのサブブランドを含め海外ローミングサービスを提供しています

各社ホームページや店頭で事前に申し込んで、スマホのローミングをONにしておけば、日本で使っていたスマホをそのまま台湾で使えます。

ただし、ほとんどのところはこの事前手続きや申し込みが必要な上に、海外通信は高額になりがちです。

docomoのサブブランドであるahamoか、楽天モバイルならこういった手続きが不要で、追加の料金も不要なので、事実上この2つがおすすめになります。

ahamoか楽天モバイル、どちらかを日本でも主回線として使うことを前提にすると、頻繁に台湾に行くような人にも国際ローミングは大変おすすめな方法です。

手軽に試してみたいなら事実上の0円運用も可能な楽天モバイルが特におすすめ。その他大手4社とサブブランド全てを含めて下記で詳細をご確認ください。

→ 「ahamo」vs「楽天モバイル」?台湾でベストな国際ローミング

参考「ahamo」vs「楽天モバイル」?台湾でベストな国際ローミング

目次ahamoなのか楽天モバイルなのかそれとも・・・国際ローミングとは国際ローミングサービスがある通信会社NTT docomo系列au系列SoftBank系列楽天モバイル台湾に行くならおすすめはaha ...

続きを見る

まとめ

台湾鉄道台中駅前

台湾鉄道台中駅前

この中でどの方法が一番おすすめですか?ともし聞かれたらeSIMですと答えます

最も手軽でリーズナブルな上にテザリングも可能なので複数台接続も可能ですし、急なギガ切れにもすぐに対応できます。

eSIMは今後の主流になっていくと思いますが、まだまだ使ったことのない人も多いため何となく抵抗がある人もいます。

でも一度チャレンジしてみて欲しいです。「こんなに簡単なんだ!?」と驚くと思いますよ。

データで判明したどこにもないベスト10はこちら!

-台湾雑学
-,