広告 日本で台湾

国際知識検定の一つ台湾検定は難しい?沖縄で受験してみた結果

2024年7月10日

台湾に関するあらゆる知識が試される台湾検定を受験

沖縄産業支援センター

受験会場だった沖縄産業支援センター

一般社団法人国際知識普及協会が運営している国際知識検定の一つに台湾検定があります。

台湾語検定でも台湾華語検定でもありません。台湾検定です。クイズではありません。国の認可を受けた団体による検定試験です。

台湾検定は台湾に関する歴史、地理、文化、食べ物、経済、政治、言語、原住民、芸能、スポーツ、日本との繋がりなどかなり広範な知識が必要になる試験です。

興味のある人は下記をご覧ください。

→ 【台湾検定】あなたの台湾の知識で国際知識検定にチャレンジ!

今回受験してみましたので、その報告をしたいと思います。

受験可能な級は5〜1級

沖縄産業支援センター案内

沖縄産業支援センター案内303号室が会場

1級が最高難易度です。どの級でも自由に受験できます。いきなり1級を受験しても良いです。

5級から順に受験していって、1級までの全級合格すると国際知識マスター(台湾)の称号を得ることができます。

これを目指す人もいると思います。私も実は当初はそうするつもりでした。

しかし5級と4級はおそらく絶対に合格しそうな気がしてきて、絶対に合格する(だろう)検定試験に金を使うのも勿体無いし、試験自体も面倒だと思ったのでまずは3級受験をすることにしました。

国際知識マスターの称号はそれほど魅力は感じませんでした。

そもそもマイナーな検定試験なので、その結果は自己満足に近いもの。

ないよりはあった方が良いかもしれませんが、留学や就職にすごく有利な資格ということもないでしょう。

3級に合格した、1級に合格した、という結果だけで十分な気がしました。

公式テキストに模擬試験があるのですが、3級から突然難易度が上がる感じで、しかも記述式問題も出てきます。

絶対合格できる自信はないけど、その方がチャレンジっぽくて良いかなと思ったのが3級からの受験を決断した動機です。

3級受験(2024年6月8日)と結果発表

沖縄産業支援センター303

沖縄産業支援センター303

私は沖縄県在住で、試験会場はゆいレール小禄駅から少し歩いた場所にある沖縄産業支援センターでした(開催ごとに変更される場合があります)。

試験は問題用紙にそのまま回答を書くという形式でした。つまり回答用紙はありません。

試験時間

試験は午前中に3時限あり、どこかに割り振られます。私は3時限目でした。参考までにこんな感じになっています。

時限受付開始試験開始試験終了
1時限9:109:2010:00
2時限10:1010:2011:00
3時限11:1011:2012:00

受付開始時間になると受験番号や名前を確認された上で、会場に入場できます。

そして試験開始5分前に試験官から受験の説明や注意事項などが説明されます。

試験時間は国旗検定をはじめ、台湾検定、タイ検定、インドネシア検定などどの検定もどの級も全て40分間です。

3時限あるということは、1日に最大3つの試験を受験することが可能です。

台湾検定5級、4級、3級を受験しても良いですし、国旗検定などを混ぜてもOKです。

ちなみに私と同じ3時限に受験した人は10人ほどいましたが、私以外に若い男性が1人、他は小学生でした。

小学生は恐らく国旗試験のようでした。若い男性は不明です。試験官は1人。

持ち物

鉛筆(またはシャープペンシル)と消しゴムは必須です。

それから会場によっても違うかもしれませんが、私が受験した会場は会議室のような場所で、前方に時計がありませんでしたので、腕時計は持っていた方が良いと思います。

実際の3級の試験

感想としては公式テキストをしっかり読んでいれば大体何とかなるレベルでした。

別の言い方をすると公式テキストを読んでいないと3級は難しいレベルです。

「台湾に数年住んでいる」「台湾に留学・駐在していた」「10回以上渡航経験がある」程度の”私は台湾のことは何でも知っている”という思い込みで、公式テキストを読まずに受験しても3級合格はほぼ無理だと思います。

それが通用する(かもしれない)のは5級がせいぜい。3級は簡単ではありません

そして公式テキストから全ての問題が出題されるわけではありません。一部は全く掲載されていない内容も出題されましたのでテキストの勉強だけで100点満点は難しいでしょう。

合格基準はこんな感じです。3級は70%正解すればOKなので、30%は間違っても大丈夫です。

選択式問題記述式問題合計問題数満点合格点
5級400408050
4級5005010070
3級40105010070
2級45156012090
1級502070140110

具体的にどのような試験問題が出たのかは実はここで教えることはできません(ごめんなさい)。

実際の問題や問題を想定できる内容をネットに書くと合格を取り消す、という注意書きがあるのです。

そんなこともあって、国際知識検定の情報はネット上に少ないのだろうと思います。

台湾検定3級の合否

台湾検定3級合格証

台湾検定3級合格証

2024年7月15日までに合否連絡、合格だった場合は7月末までに合格証が送られてくることになっていました。

実際に合否通知がメールで届いたのは7月10日でした。

ひとまず台湾検定の3級合格しました

難しくて全くわからない問題もいくつかありましたが、70点は取れている自信があったので、一安心です。

5級と4級を受験せずに、いきなり3級受験に挑戦しましたが、結果的には良かったです。

私は何か疑問点があると、すぐに台湾のことを調べて、その一部はこのブログでまとめて記事にしていますが、それらの知識も無駄ではないです。

興味ない人から見れば、単なる雑学の域を出ない知識ではありますが、このブログは公式テキストの内容を補完していると思います。

また、実際に台湾に行って色々なものを見聞きしていること、そして台湾華語を勉強してきたことも大いにプラスになり、3級合格という結果に繋がっています。

台湾検定受験まとめ

沖縄産業支援センター入口

沖縄産業支援センター入口

とりあえず3級だけの結果ですが、今後2級と1級も受験しようと思いますので、その時はこのページに追記します。

2級と1級はかなり難しそうです。テキストの隅から隅まで(重箱の隅を突くレベルで)読んで覚えて、理解していないと合格はできないでしょう。

記憶力が低下している50代半ばのおっさんにとってハードル高いですが、試験自体が何だか楽しいんですよね。

次回は9月7日。2級(+1級も同時受験するか考え中)を受験してみようと思っています。

試験の概要や日程、開催場所などは下記公式ページをご参照ください。台湾に興味のある人はぜひチャレンジしてみてください。

台湾が好きなあなたにお知らせ!

 

台湾デザインのオリジナルTシャツ好評販売中!

台湾好きならわかる他にはないデザインばかり。

ぜひチェックしみてください。

Tシャツトリニティ | Taiwan Walking

Amazon | Taiwan Walking

 

 

  • この記事を書いた人

NOBU

東京出身、沖縄在住、50代男。個人事業主。
曽祖父、祖父、父が台湾に住んでいたので、私も生まれた時から台湾に縁があります。 このブログでは台湾旅行で得た情報や楽しく快適に旅行できるノウハウなど台湾情報を発信中。
台湾華語検定 A1級 / 台湾検定 3級 / 台北新四国八十八ヶ所霊場研究家 / 台湾雑貨オンラインストア3店舗運営
詳しいプロフィールはこちら

-日本で台湾
-,