台湾雑学

日本からのノービザ観光客を受け入れ!台湾開国へのスケジュール発表

2022年9月22日

台湾渡航最新情報(2022/9/22)

台中市内

台中市内

アメリカのバイデン大統領は「新型コロナのパンデミックは終わった」と宣言、WHOでさえ「新型コロナの終わりが視野に入ってきた」と発言。世界的にもうコロナの終わりは見えてきています。

現実に欧米を中心に渡航制限も次々に解除され、コロナ前の状況に戻りつつあります。そんな中、日本も10月には水際対策の更なる緩和をすることを発表し、台湾にも最近大きな動きが目立ってきました。

そんな中、9月22日台湾CDCは今後の開国へのタイムスケジュールを公表しました。今日はその詳細をお伝えしようと思います。

台湾の今後のスケジュール

段階的に緩和していく方針は変わらずですが、スケージュールがわかったことで、多少遅れることがあったとしてもそう遠くない内にほとんどの制限が緩和されていくと思われます。

9月29日からと10月13日からの緩和予定があります。個別に見ていきます。なおソースは本日の各台湾メディア(RTIフォーカス台湾総合新聞網ETtoday台湾衛生福利部疾病管制署など)です。

9月29日からの緩和内容

29日からの内容は予定ではなく、決定事項で既に発表、告知されています。

9月29日

  • 入国者制限人数60000人/週
  • 入国時のPCR検査廃止→4回の抗原検査キットを配布
  • 各国の相互ビザ免除を回復(日本も対象
  • 「3+4」は維持されるが全日程で一人一室に
  • 同日入国した家族は二人一室も可能に

入国者は現在の50000人から10000人増えます。入国時のPCR検査廃止の代替策として4回分の抗原検査キットを空港で渡されます。これは3+4の間に使用する形になります。なお、3+4については詳しくはこちら

各国の相互ビザ免除の回復については9月29日より日本からもノービザで渡航が可能となります。(外交部領事事務局

しかし残念ながら29日の段階では「3+4」は維持されます。今までは3日は防疫専用ホテル、その後4日は親類などの家で一人一室が可能ならば許可されていましたが、この日からは全日程で一人一室が可能となります。しかし多くの旅行者は引き続き防疫専用ホテルに宿泊しなければならないので、あまり影響はないでしょう。

防疫ホテルの二人一室ですが、総合新聞網でしか報じておらず詳細は不明ですが、防疫ホテルを使う10月13日までの措置かもしれません。

なお一人一室は単独の部屋であり、トイレ・バス付の宿泊施設が原則です。つまりドミトリーやゲストハウスのような共同トイレや共同風呂の施設は不可です。

10月13日からの緩和内容

10月13日から新たな緩和策が実施されることが9月29日発表されました。

10月13日

  • 「3+4」から「0+7」へ変更(隔離を廃止し7日間の自主防疫のみに)
  • 入国者制限人数150000人/週
  • 入国時無症状なら公共交通機関を利用可能
  • 団体ツアーを解禁
  • 非ビザ免除国からの観光渡航を再開
  • マスク着用義務の緩和

ここでやっと強制隔離は廃止され、7日間の自主防疫(自主健康管理)となります。入国者数は一気に増加する見込みです。また空港から防疫ホテルまでは今まで防疫タクシーに乗るしかありませんでしたが、MRTやバスなどでの移動も許可されます。

またこの日以降の自主防疫について新たな情報がCDCよりありましたので告知します。

(2022/9/30追記)(台湾衛生福利部疾病管制所)(疾病管制署facebook

10月13日以降の自主防疫

  • 不必要な外出を避けるという項目が撤廃されました。(観光可能)
  • 宿泊ホテルは防疫ホテルではなく、一人一室なら一般のホテル宿泊可能。
  • 二人以上で訪台し同じ日程で過ごす場合は同宿も可能。
  • 7日間自主防疫期間内の短期滞在可能。
  • 高齢者、幼児、基礎疾患のある人には近寄らない。
  • 症状がある場合は外出不可。
  • 抗原検査2日以内の陰性結果があれば外出可能。(陽性・陰性の報告義務なし)
  • 外食可能。個人または特定の人とのみ。ただしその前後はマスク着用。
  • 病院への付き添いや見舞いは禁止。
  • 軽症の場合は防疫ホテルで在宅療養。

一般のホテルに宿泊可能な点と自主防疫期間に満たない日数での短期滞在も許可、また一般のホテルにも宿泊可能になった点は大きなポイントです。(ロイター2022/9/29

また同じ日程で過ごす家族や友人などは同宿も可能となりました。(Funliday2022/9/29

ものすごく楽観的な解釈をすれば、7日間の自主防疫は建前であり、実質は全て自由に行動できるとも読み取れます。

しかしこれを読んでいる皆様にお願いしたいのは、どうせザルだからとルールを守らず、日本人の品位を貶めるようなことはしないでほしいことです。

また抗原検査キットは入国日またはその翌日に使用、その後は外出2日前や症状が出た時に使用する形です。

この時万が一陽性になってしまった場合は、外出できません。偽陽性であってもです(抗原検査は偽陽性、偽陰性が多いという話もあります)。陽性になってしまったらリモートで医師の診察を受けることになります。更に2日後に陰性になり、症状がなければ外出が可能となります。ただし検査結果の報告義務は廃止されます。

そして今までは個人旅行客のみ受け入れていましたが、団体ツアーも解禁されます。旅行会社は忙しくなりそうです。

マスクに関しては0+7になった後に緩和するとのことですが、具体的な内容や時期は明言を避けたようです。(総合新聞網2022/9/22

なお、現状のマスク規定はこちらです。今後マスクに関する情報がない場合はこの規定を守りましょう。現在マスク着用は日本は任意ですが、台湾は義務です。違反時は3000元〜15000元の罰則もあります

しかし台湾政府は旅行者へのマスク着用は求めるが、厳しい罰則は取らないとしていますので、まず大丈夫かなと。(Y'Snews2022/9/29

今後の課題

今後の課題としては0+7がいつ緩和もしくは撤廃されるかでしょう。自主防疫期間中も自由に外出が可能とは言え、その前提として抗原検査陰性証明が求められます。

面倒だし、万が一陽性だったら、体調が悪くなったら、ということを考えると異国でその対応をするのは難しいです。この点だけで行くのを諦める人もいるでしょう。

ちなみに台湾では既に0+7がいつ0+0になるかの議論もされています。早ければ10月中〜年内には0+0になるのではないかとも予想されています。(中時新聞網2022/9/29

しかし台湾で新型コロナに罹ってしまい寝込むことになったら・・・と思うと心配ですよね。そんな人は海外旅行保険が無料でつくエポスカードをおすすめします。

新型コロナも含めて病気になっても最大で270万円まで補償します。しかもカードの発行、年会費は無料です。何かあったら電話して案内に従うだけ。自動付帯なので持っていればOKです。ネットで申し込めますので、下記からどうぞ。

心配な方は更に一般の保険会社が販売しているコロナにも対応する海外旅行保険にも加入しておくと安心です。1泊につき数百円からあります。

まとめ

彩虹眷村

彩虹眷村

まず日本人がノービザで台湾に行くことが可能となるのは9月29日からと公表されました。また入国時のPCR検査も廃止し、10月13日には3日間の隔離も廃止にリマス。現時点での詳細はフォーカス台湾にもまとめられています。

今までの台湾の渡航制限は以下のように大幅に緩和されることになります。

  • 個人観光客の受け入れ
  • 新型コロナ陰性証明書の提示
  • 観光ビザ取得
  • 入国時PCR検査4回の抗原検査
  • 3日間の隔離+4日間の自主防疫7日間の自主防疫

4回分の抗原検査キットの配布は7日間の自主防疫中に使用するためのものなので、7日間の自主防疫さえ廃止になれば同時に廃止になるものと思われます。

10月14日以後の予定はまだ発表されていないため、それ以降どうなるのかは分かりませんが、残ったこれらの規制もそう遠くない時期に撤廃になるのではないかと思います。

撤廃になった時に問題なのは飛行機がまだまだ少ないことです。成田や関空からは比較的飛んでいますが、地方空港は復活していないか、復活していても便数は極端に少ない状況です。冬ダイヤになる10月以降は少し増えますが、台湾の入国制限人数の問題もあるので、本格的に増えるのは来春以降になるかもしれません。

自主防疫がネックだと思う人は、またしばらくすると新たな緩和策スケジュールが発表されると思いますので、その時を待ちましょう。もう間も無く台湾に行けることは確実です

注意ポイント

自主防疫期間が設定されいるこの時期に台湾に行くのは何らかのリスクが伴う可能性もあります。上述した全ての情報もご自身でお確かめの上、自己責任で渡航をお願いします。

私は台湾政府の関係者でもありませんし、渡航の専門家でも旅行会社の人間でもありません。私なりに調べてこれを書いていますが、間違いがないとは言い切れません。なので、渡航は各自でご判断をお願いします。

ところでお前は台湾に行くのかって?ええ、私は10月20日から1週間ほど台湾に行きます。2年8ヶ月ぶりの台湾です。その様子は後日このサイトで報告しますので、来年にでも行く予定の人は参考にしてくださいね。

 

このサイト(台湾ウォーキング)は台湾渡航情報を随時更新しています。最新情報はこちらをご参照ください。

-台湾雑学
-,

© 2022 台湾ウォーキング