ポケモンGO

ピカチュウジェット3社目就航!次のポケモンGOイベント開催地がわかる?

2022年8月13日

そらとぶピカチュウプロジェクト

そらとぶピカチュウプロジェクトグッズ

そらとぶピカチュウプロジェクトグッズ

そらとぶピカチュウプロジェクトは知っている人も多いと思います。そらとぶピカチュウプロジェクトとは

ポイント

コロナ禍で痛手を受けた航空業界、観光業界を援助し、ポケモン好きな人が自由に移動できるようになった時に楽しくワクワクするような旅の楽しみを届けるために発足したプロジェクトです。

これが何でポケモンGOと関わるかというと、このプロジェクトはピカチュウジェットの就航先で様々な取り組みも行うことです。例えば沖縄ではそらとぶピカチュウのバスやモノレールが走り、グッズやお菓子が販売され、そしてポケモンGOのイベントも実施されました。

今やピカチュウジェットはスカイマークだけではありません。その就航先でまたポケモンGOのイベントが開催される可能性は非常に高いと言えます。今後のイベントの予想ができるのです。

1社目スカイマーク

flickr Copyright All rights reserved by Yukio_11

 

一番最初に提携したのはスカイマークでした。そしてこれが一番有名だと思います。2021年6月から提携し、その直後にポケモンGOのイベントも告知されましたがコロナ禍のため延期になったことは覚えている人も多いと思います。

スカイマークの主要株主であるANAも以前からポケモンジェットを就航させており、その流れでスカイマークに話が来たのかもと思います。

スカイマークは沖縄に就航路線が多いため、沖縄ではバスやモノレールのほか、観光地や有名ホテルなどにそらとぶピカチュウのフォトスポットが設置され、また北谷にはポケジェニックフォトスポットも用意されました。

延期になっていたポケモンGOのイベントは2022年3月にかりゆしピカチュウが実装され、5月には世界で出現していたのとは色が違う風船で空を飛んでいるピカチュウが出現するイベントも開催され、多くのトレーナーで賑わいました。

2社目チャイナエアライン

中国の航空会社だと思っている人もいますが、チャイナエアラインは台湾最大手の航空会社です。日本の各地にも多く就航していますので乗ったことのある人もいるでしょう。

こちらは今年7月に発表され、秋から就航が予定されています。(AviationWire2022/7/27

(2022/9/7追記)

10月2日より桃園ー羽田間で就航開始されることが発表されました。今年いっぱいは週5往復の予定。(フォーカス台湾2022/9/7

台湾の航空会社ですから、ポケモンGOのイベントも台湾で開催されることも発表されました。現在観光客の受け入れを行なっていない台湾ですが、10月下旬の時期に行けるかどうか難しいところです。詳細は下記。

こちらもCHECK

2019新北SafariZone屋台
2022年10月台北SafariZone開催決定!台湾に行ける?

目次1 2022年台湾台北市にて「サファリゾーン」開催決定1.1 初めての台北SafariZone開催1.2 大安森林公園とは1.3 台湾への渡航は可能なのか?1.3.1 台湾の状況1.3.2 日本の ...

続きを見る

3社目スクート

スクートはシンガポールに本社を置くLCCで、シンガポール航空系列の会社です。

こちらは8月に発表され、9月からシンガポール-成田線などで就航が予定されています。(TRAICY2022/8/12

そしてまだ発表されていませんが、上記の2社はポケモンGOのイベントと連動していることから、次のリアルイベントはシンガポールでの開催が有力です。

シンガポールは2019年にサファリゾーンが開催された実績もあります。2回目のイベントもあり得る話だと思います。

ちなみにシンガポールはワクチンを3回接種していればその証明だけで、検査も隔離もなく観光客を迎え入れています。(ワクチン未接種者は搭乗前2日以内のPCR検査陰性証明書が必要)

つまりは行こうと思えば行ける状況ではあります。海外遠征ガチ勢はきっと行くでしょう。

(2022/8/30追記)

予想完全的中!11月18日〜20日までシンガポールでサファリゾーンが開催されることが発表されました。(ORICON2022/8/30

これで航空会社のピカチュウジェット就航とサファリゾーンが連動していることが確定しました。今後にも期待!

まとめ

Skymark Airlines B-737-800 JA73AB

  1. スカイマーク→沖縄
  2. チャイナエアライン→台湾
  3. スクート→シンガポール

そらとぶピカチュウプロジェクトのホームページを見ると今後も更に世界各地のジェット機がオリジナルデザインのピカチュウジェットを就航させるようです。

4社目以降も今後続々と就航するかもしれませんが、ポイントは

ポイント

ピカチュウジェットを飛ばすその航空会社のメインの就航地や本社がある場所でポケモンGOのリアルイベントが開催される可能性が高いこと

です。このことに言及している記事は見たことがありませんが、多分そうだろうと思います。(たまたまかもしれませんし、ランダムかもしれません。間違っていても怒らないでくださいね)

日本や台湾はまだコロナでまともに観光客を受け入れていませんが、他国の多くは既に自由に旅行に行けます。人を動かしたいNiantic社は今後もこのプロジェクトと連動し、開催地を決めていくのではないでしょうか。

Nianticとしてはこのコロナ禍での売上減を補う意味もあり、世界各地でリアルイベントが開催されるのかもしれません。

ちなみに私は台湾には行ける状況なら行くと思いますが、シンガポール開催が本当だとしたら行くのは悩みます(那覇からシンガポール直行便が現在まだ再開していないのです。しかもちょっと遠い)。

-ポケモンGO
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング