台湾グルメ

美味しい高雄の朝食-興隆居・果貿來來豆漿よりもおすすめを発見

高雄で朝ご飯を食べよう

興隆居

興隆居

台湾には朝ご飯専門店がたくさんあります。もちろん高雄にもたくさんの朝ご飯屋さんがありますが、ネットでその情報を探すと興隆居のことばかり。

本当に興隆居は美味しいのか?他に美味しい店はないのか?探してきました。

興隆居なんか1回行けば満足と思っている方、もっと他に開拓したいと思っている方は是非読んでみてください。

まずは定番の興隆居

興隆居

興隆居

美麗島駅から六合夜市の道をまっすぐ進むとお店があります。駅からは徒歩15分もあれば到着するでしょう。市議会駅からだと3分くらいです。早朝から多くの人が集まっています。人気ですね。

興隆居

興隆居

一番人気なのはこの湯包です。行列に並び、みんな何を注文するのか観察しているとすぐに分かります。

興隆居

興隆居

2022年10月末現在のメニューと価格は上記のようになっています。ネット上には古い情報ばかりです。興隆居に限らず台湾の多くの店はコロナ禍の間に値上げしている店が多いので最新情報を確認しましょう。

とにかくイートインもテイクアウトも混雑していましたが、中のおばちゃんがキビキビと動いているのでそんなに待つこともなくお会計できました。

興隆居

興隆居

湯包と焼餅のところではおばちゃんが対応してくれますが、それ以外のところでは自分で棚から好きなものを選んで皿に乗せていきます。

興隆居

興隆居

豆漿は横にあるものを指さすか口頭で頼みます。話せない人はメモしたものを見せると良いです。

興隆居

興隆居

店内席で朝食です。屋外席はありませんでした。感想を一言で言うと確かに美味い。人気が高いのも頷ける。湯包は熱々出来たてで、肉汁が凄いし、焼餅も異様に美味しい。

焼餅はパンに揚げパンを挟むという日本人には考えつかない食べ物ですが、何でこんなに美味しいのかわからない。

しかし人気の興隆居食べただけで結構満足。高雄滞在中に毎日ここに通うよりは他の店を開拓したい意欲の方が優った。

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

興隆居のすぐ近くにあるこちらのお店も人気のようです。美麗島駅からは徒歩15分くらい。市議会駅からは5分くらいです。

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

こちらの店の特徴はまずとにかくメニューが豊富なこと。好きなものを選んでトレーに乗せてお会計します。実際はどれがどう言うものかわからず適当に選んでいきます(笑)。

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

そして興隆居と比べると安いことです。例えば湯包は興隆居は25元しますが、果貿來來豆漿は17元です。

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

興隆居と同じくらい混んでいて人気です。しかしここもテイクアウトの人が多いです。2階に席もあるようですが、外席もあるのでそこで食べることにします。

果貿來來豆漿

果貿來來豆漿

そして興隆居と遜色なく美味しい。台湾の朝ご飯専門店で地元の人が多いようなところはまず間違いなく美味しいです。

美滋泉漢堡店

美滋泉漢堡店

美滋泉漢堡店

興隆居、果貿來來豆漿とも満足のいくレベルでしたが、これらの店には日本人にも結構知られています。どうせならあまり日本人が来ないような店に行ってみたいなと思ってるところに、たまたま通りかかったこのお店。

外席は用意されているけど、営業しているのかな?シャッターが閉まっている。ちょっとGoogleMapで営業時間を調べてみると朝6:00から毎日営業しているらしい。それなら営業しているはず。

美滋泉漢堡店

美滋泉漢堡店

シャッターは閉まっているけど、横の扉は開いていて中には電気がついている。そこで気がつきました。GoogleMapを見るとこのお店、メチャメチャ評価が高いのです。記事執筆(2022年11月14日)時点の評価ですがこんな感じです。

Google評価

  • 興隆居 4.2
  • 果貿來來豆漿 4.0
  • 美滋泉漢堡店 4.7

Googleの口コミで評価が高いから良いとも言えませんが、これを見て食べてみることにしました。

美滋泉漢堡店

美滋泉漢堡店

店内の様子です。ここのお店は室内には席はなく、外席のみです。しかし私が食べている間に外席を他に利用した人はいませんでした。断続的にバイクで来る客は全員テイクアウト。

家族経営らしい個人店舗ですが、驚いたのは女将さんが少し日本語を話すことです。台北以外の地域のこのような個人店で日本語で対応されるのは極めて稀です。もちろん上述の興隆居も果貿來來豆漿も日本語は全く通じません。

美滋泉漢堡店

美滋泉漢堡店

メニューはこんな感じです。この店はメニュー表に欲しいものをチェックしてオーダーします。食べ物が運ばれてきた時にお会計です。

ちなみにメニュー表に「1」とか「2」とか数字を記入する人もいますが(それでも通じますが)、台湾人の多くは「正」の字で記入します。「正」なら5つ、「一」なら1つですね。

美滋泉漢堡店三明治

美滋泉漢堡店三明治

ベーコンの三明治を頼みました。三明治とはサンドイッチのことです。しかしこのボリュームにかなりの衝撃。

美滋泉漢堡店漢堡と豆漿

美滋泉漢堡店漢堡と豆漿

漢堡と豆漿です。漢堡とはハンバーガーのこと。豆漿は豆乳です。漢堡も特大でした。写真では分かりにくいとは思いますが、マクドナルドのハンバーガーの倍くらいのボリューム。

そして美味しかった!安くて量もあって美味い。人気が高いわけです。

あまりに美味しかったのでGoogleにコメントを書いておいたらすぐに女将さんから「また高雄に来たら寄ってね」的な返事がありました。私はこっそりGoogleのローカルガイドをやっています(気まぐれ投稿)。


美麗島駅から徒歩5分くらいですが、裏道です。毎日湯包ばかり食べているわけにはいかないでしょうから、是非この店に一度足を運んでみてください。

まとめ

果貿来来豆漿

果貿来来豆漿

今回高雄で3泊したので朝ご飯を3回食べましたが、どれも非常に満足でした。

台北の情報はネットに溢れていますが、それ以外の地域の情報はまだまだ少なく、高雄の朝ご飯情報も興隆居ばかりなので、数少ない日本人旅行者はみんな興隆居に行ってしまいます。

興隆居も行く価値がある美味しさですが、毎日行くと飽きるでしょう。数日滞在するのならどこか新しいところを開拓してみましょう。地元民の人気の高い店に行けばまず間違いありません。

私はいつかまた高雄に行っても多分もう興隆居には行きません。美滋泉漢堡店には多分再訪します。後はまだまだ知られていないお店がたくさんあるので、そういうお店を探します。それが高雄に限らず台湾旅行の楽しみの一つです。

-台湾グルメ
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング