日本で台湾

台湾華語(中国語)の学習にGoogle翻訳を最大限に活用する方法

2021年10月10日

無料のGoogle翻訳で賢く学習

台北市地下街

台北地下街

台湾華語(中国語繁体字)をオンラインで学習中のNOBU(@nobuting)です。こんにちは。

今回はGoogle翻訳の話をします。多分この記事を読んでいる多くの人は一度は使ったことがあると思います。

このGoogle翻訳は台湾華語(中国語)を勉強する時に最強の助っ人になることをご存知ですか?

中国語は特に発音が難しいです。字を見て意味を理解するだけなら単語帳でも可能です。とにかく発音の勉強をしたい。

最近の単語帳は単語の読み上げ機能があるアプリもありますが、私が有名なあるアプリを試したところ正直言って中国語に関しては発音が間違っていたり、非常に良くない発音でした。

Google翻訳の読み上げ機能の方が比べ物にならないくらい優秀です。

この記事は台湾華語(中国語)を勉強しているあなたにGoogle翻訳を使って効率的に勉強する方法を解説します。

Google翻訳フル活用

まずGoogleアカウントでログインをしてください。ログインをすることで、いつでもどのデバイスからでも学習することが可能となります。

Googleアカウントを持っていない人はこの際作りましょう。無料でGoogleの提供する多くのツールが使えるようになります。

Google翻訳学習方法

以下に掲載する引用画像で表記のないものはGoogle翻訳及びGoogleスプレッドシートのスクリーンショットです。

ログインしたら下の画像のように言語を選択します中国語から日本語に翻訳するようにしておきます。

中国語を左側に入力すると同時に翻訳してくれます。また、スピーカーのマークをクリックするとその発音を聞くことができます

中国語は特に発音が難しい言葉です。字を見て意味は想像できても発音は難解。

これで発音を聞いて勉強することができます。

しかし、ここまでは当たり前の機能です。多くの人が知っている、または使ったことがあるものと思います。

ここから先が便利な、そして有効的な使い方です。

発音を覚えたい単語や文章は右側の星印をタップします。星印が黄色くなります。幾つ追加しても大丈夫です。

 

Google翻訳で中国語勉強

 

画面下部中央にある「保存済み」と書かれた星印をクリックすると今まで星を付けて保存してきた単語が右側に出てきます。

右側のカードのスピーカーマークをタップすると発音を聞くことができます。登録した言葉がどんどん出てきますので、次々に発音を聞くことができます。

この言葉は完璧に覚えた!となれば、その言葉の星印を外していくことで、覚えにくい言葉を効率的に学習していくことが可能です。

また、矢印の先の部分からGoogleスプレッドシートに書き出すこともできます。(Googleスプレッドシートの活用方法は後述します)

Google翻訳で中国語を勉強

 

Google翻訳にログインしているとiPhoneなどスマホのアプリでも表示できますし、覚えられない単語の発音をいつでも聞くことができます。

画面下部の「保存済み」をタップ。

Google翻訳で中国語勉強

Google翻訳アプリをダウンロードしていない人は下記からどうぞ。ログインを忘れずに。

Google 翻訳

Google 翻訳

Google LLC無料posted withアプリーチ

 

Googleスプレッドシート活用方法

Googleスプレッドシートに書き出すとこんな感じになります。余分なところを削除して、1列追加します。

Google翻訳スプレッドシート

 

ここから拼音(ピンイン)を一気に入れる方法を解説します。

まず、こんな感じにして、中国語の部分をコピーします。

Google翻訳スプレッドシート

 

コピーしたものを中国語から拼音に変換するツールを使って変換します。

私はChinese Converterというのを使っていますが、同様のツールは他にもたくさんありますので使いやすいものを使うと良いでしょう。

下の画像のように左側に先ほどコピーした単語を貼り付け、Convertをクリック。

今度は変換された右側の拼音をコピーします。

拼音変換ChineseConverter

引用:Chinese Converter

 

再びGoogleスプレッドシートに戻り、コピーした拼音を貼り付けます。

「中国語」「拼音」「日本語」が併記されたこのシートを使っての勉強も可能です。

Google翻訳スプレッドシート

 

例えば、上のスプレッドシートに書き出した中国語の単語を再度Google翻訳に戻って音声入力してみましょう。

左側の入力部分下にマイクの画像があります。ここをクリックするとマイクが機能しますので、パソコンに向けて話しかけてみましょう。

Google翻訳発音練習活用法

ちゃんと認識されれば左側に中国語、右側に日本語が表示されます。

もちろんスマホのアプリでも同様のことが可能です。

ここまでGoogle先生にOKを貰えればこの単語の記憶は完璧です。星印を外して大丈夫でしょう。

 

まとめ

台北市西門紅樓

台北市西門紅樓

今回はGoogle翻訳とそれに付随するGoogleスプレッドシートを活用して、中国語を勉強する方法を解説しました。

Google翻訳の活用方法は英語など他の言語にも使えますが、拼音という発音記号のある中国語が最も効果を発揮するような気がします。

中国語学習初心者の私はその発音に四苦八苦しています。拼音で発音のイメージは掴みながらも、実際発音するとうまくいかない。先生に指摘される。

私は若い頃は英語は割と得意でした。英検2級までは取得していて、日常会話はそこそこできました。まあ、30年以上前の話なので今は全然ダメですが(笑)。

中国語は大学では第二外国語で習っていたのですが、これも30年以上前の話。もう忘れました。

とにかく思うのは、英語の勉強と比較すると中国語は発音(声調)が超難しいことです。これを何とかしようとオンライン台湾華語を学んでいますが、その補助としてGoogleのツールを使っています。

もう年齢が年齢なので記憶力が低下している自覚はありますが、毎日復習を欠かさず頑張っています。

この記事が私と同じ境遇の誰かに役に立てれば嬉しいです。

-日本で台湾
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング