台湾雑学

台湾台中市でマンション・アパートなど賃貸物件を探す3つの方法

2021年10月12日

台中に住みたい!

台中第二市場

台中第二市場山河魯肉飯

このページを見ているあなたはきっと台湾好きなはずです。あなたは台湾に住みたいと思ったことはありませんか?

いつか移住することがあるなら台中市に住むつもりのNOBU(@nobuting)です。こんにちは。

台湾に住むとなると当たり前ですが、マンション・アパートなどの部屋を借りることになります。

日本国内ならまだしも異国の地で部屋を借りるのはハードルは高そうです。

まずは台湾で賃貸物件を借りる場合の想定される必要経費と留意事項を頭に入れましょう。

ポイント

  • 契約期間は通常1年。それ以外は少ないが交渉次第。
  • 押金は家賃2ヶ月分。押金とは敷金(保証金)です。
  • 礼金はありません。
  • 契約更新料もありません。
  • 不動産屋の仲介手数料は家賃0.5ヶ月または1ヶ月分。
  • 家主と直接契約の場合は仲介手数料は0円。

今回は賃貸物件を借りるというハードルが高そうなミッションをそのハードルの低い順に紹介したいと思います。

この記事は長期滞在、駐在、ワーホリ、語学留学などで台中市内限定で賃貸物件を探すあなたのために書きました。

 

不動産屋に行く

日本で賃貸物件を借りる時と同じイメージです。不動産屋に行って内見をしてから気に入った物件を契約します。

しかしここは台湾です。言葉の壁があります。

台湾華語(中国語)を問題なく話せる人は街中で見かけた不動産屋にふらりと入ることも可能かと思いますが、普通の人は難しいでしょう。

でも問題ありません!何と日本語が通じる不動産屋があるのです!

日本語が通じるメリット

  • 賃貸物件への細かい要望を伝えることができる
  • 内見の時も質問を管理人や家主にすぐに通訳して聞いてくれるので即回答が得られる
  • 契約後にトラブルがあっても不動産屋を介して家主に連絡してもらえる
  • 契約終了、契約更新の時も安心

言葉も満足に話せない異国でこれは最大のメリットですね。

つまり自分の希望に沿った良い物件を探すことができて、その後も何かトラブルがあっても助けてもらえるのです。この安心感は他の方法では無理です。

実は日本人の多い台北市周辺には日本の大手不動産業者(エイブル、アパマンなど)が多数進出していますが、台中市にはそれらは進出していません。

しかし台中市には大手ではないですが日本人スタッフがいる日本人向けの不動産屋さんがあります。

さくら不動産

日本人向けに台中市、新竹市の賃貸物件を斡旋している不動産屋さんです。

台湾さくら不動産概要

住所 台中市西區忠明南路16號12樓之9
電話 04-2329-1712
ホームページ https://www.sakurahome.com.tw

さくら不動産の最も素晴らしいところは591掲載の物件も紹介していただけるところです(591については後述します)。

つまり対象の物件数は非常に多くなるので、より条件に合った物件が見つかる可能性が高いのです。

さくら不動産は主にファミリー向けの物件を多く抱えているようですが、591掲載物件も含まれるとなると、単身者向けワンルームなどいろいろなタイプの部屋が探せます。

更に通常591で物件を探しても言葉が満足に話せないと難儀しますが、さくら不動産を介することで大きな安心を得ることができます。これは他にはない大きなメリットですね。

仲介手数料は家賃1ヶ月分です。

591掲載物件に関しては契約補助だけなら家賃0.5ヶ月分、契約期間中のフォローも含めると1ヶ月分が手数料の基本となります(問い合わせして確認済み)。

多少のお金はかかるとしてもメリットの方がはるかに上回るのではないかと思います。

私は台中に移住することになったら、まずはここに相談してみます。

 

楽房ホーム

楽房ホーム概要

  • 住所 台中市西屯区市政路500号19F-7
  • 電話 04-2255-6578
  • ホームページ https://www.rakuhome.com(2022年2月現在リンク切れ。ドメイン契約かサーバー契約の不備か、もしくは廃業か?不明。台湾の会社はたまにこういうことがあるのでしばらく様子を見ます)

仲介手数料は家賃1ヶ月分です。

元々は不動産投資会社で、その後賃貸も手がけるようになったようです。

日本人相手に多くの物件紹介実績があり、こちらも心配なさそうです。

まずはこれらの日本語が通じる不動産屋に相談してみるのが良いかと思います。

591を使う

台湾で賃貸物件を探すなら591というサイト(アプリ)が最も物件数が多くて有名です。

ただし日本語対応していないので、若干使いにくい部分はあります。

591房屋交易-租屋買屋查房價首選APP

591房屋交易-租屋買屋查房價首選APP

數字科技股份有限公司無料posted withアプリーチ

 

591

引用:591

 

アプリの方が使いやすいと思います。ダウンロードも検索ももちろん無料なので、台湾にどんな家があるのか暇つぶしに見るだけでも楽しいです。

591アプリの基本的な使い方

簡単な使い方だけ記しておきます。アプリを開いたら賃貸物件を意味する租屋を選択します。

以下の引用画像は591iPhoneアプリ版のものです。

591

左上で都市を選べます。ここでは台中市で選択してみます。

ちなみに捷運とはMRTのことです。例えば台中緑線沿線が条件の場合はそれを選択しましょう。

區域を限定することも可能です。特に限定がなければ不限のままでOKです。

591使い方

「類型」タブではどのような賃貸物件かを選択します。一般的に使いそうなのは以下の4つです。

類型タブの選択

  • 整層住家 = 一般的なマンション・アパートで主に家族向け
  • 獨立套房 = 単身者向けのワンルームマンション
  • 分租套房 = 玄関が他人と一緒だが家の中で部屋は別
  • 雅房 = ルームシェア

何だか微妙ですよね。わかりにくい。

実際適当に分けている感じがありますが、ここでは整層住家を選択してみます。

591使い方

次は租金つまり家賃です。ここでは10000〜15000元を選択してみます。

下段のバー部分をスライドすると自由に設定することもできます。

591使い方

「更多」はこだわり検索です。

最初の方はなんとなくわかると思いますが、「形態」ではこのどちらかを選ぶと良いでしょう。高層とは概ね6階以上、低層とは5階以下です。

  • 電梯大樓=エレベーターのある高層マンション、アパート
  • 公寓=エレベーターのない低層マンション、アパート

こんな感じで検索してみるとたくさんの物件が表示されます。写真も比較的多めなので雰囲気だけでも掴めます。

ただ日本と違うところは間取り図がないところです。何で間取り図がないのか謎です。日本では100%ありますよね。

稀に掲載されている物件もありますが、まず99%はないです。

なので写真だけが頼りになります。

流れとしてはこの後管理者に連絡を取り、内見をした上で気に入れば契約となりますが、中国語が問題なく話せるのなら良いですが、そうでない場合は非常にハードルが高くなります。

会話も無理、大事な契約書にも何が書いてあるかわからない状態ではとてもおすすめできない方法です。

なので、591を使う場合は

  • 中国語(台湾華語)が話せるし、読める
  • もしくはそれができる人に同行してもらう

これしかないです。賃貸物件の家主が日本語ペラペラなどという幸運はまずないと思った方が良いです。

英語なら稀に通じるかもしれませんが、いずれにしろ中国語の契約書が読めないとダメです。

何が書いてあるのかわからない大事な書類にサインできませんよね。

これが591のネックです。言葉の壁というのは分厚いのです。

ただメリットとしては591掲載物件の多くは家主との直接契約(不動産屋を介さない)なので、仲介手数料が不要という点です。

なので仲介手数料分のお金を使って台湾の友人を雇う、と言うことも日本語ができる台湾人が友達にいればできると思います。

街中を歩いて探す

これが可能なのは中国語が堪能な人、もしくは台湾人の友達の力を借りることができる人だけです。

591以上にハードルは高いかもしれません。

台湾の街中を歩いていると「」と書いたポスターを見かけることがあります。

掲示板や電信柱、マンションやアパートの入口や窓などで見かけます。

これは「賃貸物件があるよ」という印です。

これらに電話するか直接そのマンションに出向いて管理人とお話しし、内見をさせてもらうというやり方です。

実際には上記の不動産屋や591を通さないで賃貸物件を貸し出している台湾人は多いです。

家主と直接契約する形になりますので仲介手数料も不要です。

例えば住みたい地域が決まっている場合。

不動産屋や591を使ってもなかなか良い物件がない、でも実際にその場所に出向いて探せば見つかる可能性はあります。これは大きなメリットです。

しかし、やはり普通の人には非常に難易度が高い方法です。

まとめ

台鉄台中駅

台鉄台中駅旧駅舎と新駅舎

難易度の低い順に書きましたのでお分かりかと思いますが、不動産屋を介するのが最も楽な方法です。

台中市内で賃貸物件を探したい人はまずはさくら不動産または楽房ホームで問い合わせをしてみることをお勧めします

台湾の賃貸物件について日本と大きく違う点は

  • 玄関がない。入口の扉を入ったらすぐリビングが一般的。
  • 風呂がない。シャワーのみ。
  • シャワーとトイレと洗面台が一緒の部屋。
  • キッチンがない。
  • 床は畳やフローリングではない。タイルや石。
  • エアコンは通常設置されているが暖房機能はない。
  • 洗濯機、ベッド、冷蔵庫、テレビ、机などは備え付け。

上記は全てがそうではないです。例えば風呂付きやキッチン完備の場合ももちろんありますが、数は少ないです。

必要な設備は一通り既にセットしてある部屋が一般的なので、契約後すぐに住むことが可能なのが大きな特徴です。

日本との違いを認識した上で、まずは591で検索して台中市の家賃相場や部屋の雰囲気を掴みましょう。

その後に上述した不動産屋に希望を伝えてみることが最善と思います。

台中に住んでみませんか?

こちらもCHECK

台湾への短期旅行でも長期滞在でも楽天モバイルが圧倒的に最強な理由

目次1 現代においては通信手段の確保は必須1.1 台湾に短期旅行に行く時の最善手段1.2 台湾長期滞在者の日本帰国時のsimをどうすれば良いのか問題2 楽天モバイルの便利な使い方2.1 Rakuten ...

続きを見る

-台湾雑学
-,

© 2022 台湾ウォーキング