台湾雑学

台湾に移住するなら台中!気候、家賃などその魅力をたっぷり解説

2021年10月1日

台湾への移住を考えているあなたへ

台鉄台中駅

台鉄台中駅

「台湾に移住するつもりが新型コロナのせいで行くに行けなくなってしまった。」「いつか台湾に移住する夢がある。でもどこに住もう?」そんなあなたに是非読んでもらいたいのがこの記事です。

你好嗎?NOBU(@nobuting)です。私もいつの日か台湾に短期間でも住んでみたい夢があります。

私がもし台湾に住むとしたら第一候補は台中市です。なんで台中なのか?

この記事は台湾への移住を考えているあなたのための記事です。そんなあなたに台中の素晴らしさをお伝えします。

台中市の魅力

気候が安定

まずこれが一番です。気温に関してですが、嘉義あたりにある北回帰線より北側は亜熱帯気候(沖縄と同じ)、南側は熱帯モンスーン気候となります。

なので単純に台湾は南部に行くほど暑くなります

つまり台南や高雄は熱帯モンスーン気候でかなり暑いです。しかも夏の期間が長いです。

台北や台中は沖縄と同じなので南部ほど暑くはありません。

そして雨です。年間降雨量は台北2,100mm、台中1,643mm、高雄1,786mmほどです。

これだけでも台中の雨が少ないことはわかると思いますが、月別のグラフにすると

台湾降水量

こんな感じです。

ポイント

  • 青線=台北市 秋〜冬の時期も雨量が多く、年間を通じて非常に雨が降りやすい
  • 黄線=高雄市 夏にはスコールが多いため夏は非常に降水量が増えます
  • 緑線=台中市 年間を通じて安定していて降水量も最も少ない。台風被害も少ない

参考までに日本の年間降水量平均値は1,624mmです。台中は日本の平均値に近く、台北は日本と比較してもかなり雨が多いことがわかります。

旅行に行くにも生活するにも雨ばかりでは最悪です。年中湿っていて部屋のカビを気にしなくてはならない台北に住む気にはならないし、暑い時期の長い高雄よりは台中が最善です。

家賃が安い

台中の家賃が安いというよりは台北が異様に高いのです。台中は台北と比べると同じ規模の部屋を借りるとおよそ1/2程度の家賃で済みます。半額ですよ、半額。

台北の家賃は今や東京都心部と変わらないとも言われています。本当に高いです。591などを見るとよくわかります。

家賃に関しては台中も高雄もそう変わりません。台北以外に住めばかなり節約できます

特別な事情でどうしても台北に住まなくてはならない人以外は他の街を考えたほうが良いです。

物価も安い

家賃が安いので物価も安いです。そこらへんで何か食べても台北と比べると2割〜3割くらい安い感じです。短期の旅行なら気にしない程度ですが、住むとなると財布に優しい街を選びたくなります。

とにかく家賃と食事。日常生活で最も必要になる部分で台北以外の街に住めばかなりの節約ができます。

レンタル自転車30分無料

台北はYouBikeが多いですが有料です。しかし台中のYoubikeは30分以内であれば無料なんです。自転車で30分って結構遠いところまで行けますよね。これは何気に便利。

台中は2020年までは市内のバスが10キロまで無料というのもやっていましたが、残念ながら今は台中市民(または居留証持ち)だけが対象となり事実上改悪されてしまいましたが、自転車は気軽に乗れます。

MRTが開通

2021年4月ついに台中市内にMRT緑線が開通しました。新幹線の高鐵台中駅から市内にそのまま行くことが可能となりました。

なお、今後将来的には更に4路線が計画されており、直近で計画が進行しているのは緑線の他に橘線と藍線です(下図参照)。

台北、高雄には既に何本もMRTが走っています。台中はMRTがなかったのでバス路線が多いイメージですが、今後ますます便利になりそうです。

台中市内MRT

引用:Wikimedia commons

都会なので何でもある

台北に比べたら負けますが、台中は台湾第二の街です。百貨店などの商業施設も充実していますし、台北にあるほとんどのもの、店は台中にもあります。

台中市内の主な百貨店

  • 新光三越
  • 廣三SOGO百貨店
  • 大遠百貨店
  • 中友百貨店

その他多数のショッピングセンターや市場などがそこかしこにあります。

生活するには全く困りません。欲しいもの、食べたいものが簡単に手に入ります。

台湾各地に行きやすい

例えば台北に住むと高雄に行くのは遠くなります。しかし台中は台湾の真ん中。台北にも高雄にも新幹線を使えば1時間程度で到着しちゃいます。

基本は台中で何でも用事は済ませることは可能ですが、たまに台南に行ってみたい、桃園に行ってみたいなんていう時にもベストの街は台中です。

桃園國際空港や高雄國際空港にも行きやすいですし、台中空港からは便数は少ないですが成田や那覇にも行くことができます。

  • 高鉄「台中駅」から桃園MRT「空港第一ターミナル駅」まで約1時間
  • 台鉄「台中駅」から直行バス「桃園國際空港」まで約2時間30分
  • 高鉄「台中駅」から高雄MRT「高雄国際機場駅」まで約1時間30分
  • 台中空港から成田国際空港 マンダリン航空で1日1便
  • 台中空港から那覇空港 マンダリン航空で週5便

日本語対応可能な病院がある

日本人の多い台北にはもちろんありますが、台中にも日本語での対応が可能な病院があります。急病になってしまった、怪我をしてしまったなどどうしても病院に行かなければならない時にも安心です。

更に地方に住む場合は、日本語対応の病院はほぼありません。南部だと高雄に1件だけ。

台中市内の主な日本語対応病院

  • 大里仁愛病院 台中市大里區東榮路483號
  • 中国医薬大学付属病院 台中市北區育德路2號

観光地というよりは居住地域

よく台中には観光名所が少ないと言われます。ないことはないのですが、台北や台南、高雄と比べると少ないかもしれません。

とは言っても宮原眼科、彩虹眷村、高美湿地など有名どころはあり、また台中を拠点として少し足を伸ばせば日月潭、鹿港老街など一度は行くべき有名観光スポットもあります。また、中部最大の逢甲夜市などたくさんの夜市も点在しています。

しかし、しかしですよ。住んで生活するのに観光地である必要ってあまりないのではと思います。だって、地元の観光地なんか実際は一度行ったらもう満足ですよ。しかもいつでも行けるし。

どうせなら少し遠い場所に電車やバスを使って旅をしながら観光する方が楽しいです。

というわけで台中はどちらかと言うと居住中心の街であり、あまり観光地化されていない分、住むには最適だと思っています。

逆に言うと台北は住むところではなく遊びに行くところという認識でいます。

 

まとめ

台鉄旧台中駅

台鉄台中駅旧駅舎

いかがでしたでしょうか?台中に住みたくなってきませんか?

台湾の中では台北は大都会です。台中も大都市ですので都会的な部分はありますが台北ほどではなく、かと言って田舎過ぎず適度な規模の街です。

タピオカミルクティー発祥の店として有名な春水堂の本店も台中にあったりしてグルメも見逃せません。

古くからある市場もたくさん残っています。憩いの公園、楽しい夜市もたくさんあります。

住みやすい温暖な気候、家賃も安くて、もうここしかありません、と現時点で私は思っています。

こちらもCHECK

台湾への短期旅行でも長期滞在でも楽天モバイルが圧倒的に最強な理由

目次1 現代においては通信手段の確保は必須1.1 台湾に短期旅行に行く時の最善手段1.2 台湾長期滞在者の日本帰国時のsimをどうすれば良いのか問題2 楽天モバイルの便利な使い方2.1 Rakuten ...

続きを見る

-台湾雑学
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング