台湾観光

台中駅前タロコモール(大魯閣新時代購物中心)はアミューズメント施設

2022年12月12日

タロコモールはショッピングだけではない複合施設

タロコモール

タロコモール

台中駅前にあるタロコモールというショッピングセンター。私はずっとショッピングセンターという認識でいましたが、今回館内を歩いてみて、それは間違いだと認識しました。

とにかく色々なものがある複合施設であると思いました。日本でもここまでの複合施設はなかなかないのではないかと思います。

1日中楽しめる、雨の日でも楽しめる台中のタロコモールを紹介します。

注意ポイント

下記の情報は私が訪問した2022年10月31日の情報です。当たり前ですが、店舗や施設は変わる可能性がありますので、最新の情報は公式ページをご覧ください。

タロコモールの概要

タロコモール

タロコモール

アクセスは簡単です。台湾鉄道台中駅の建国路側ではなく、復興路側に出ます。そこから徒歩2分程度です。駅前と言っても良い便利な場所にあります。

公式ページはこちらです。


営業時間は2022年12月現在下記のようになっています。(変更になる場合もありますのでご注意ください)

営業時間

  • 平日 11:00-22:00
  • 休日 10:30-22:00

特徴的なのは内部が空洞になっていることです。

タロコモール

タロコモール

1階から上を見上げるとこんな感じになっています。四角でも三角でも丸でもありません。不思議な形になっており、各階の回廊沿いに色々なお店や施設が並んでいます。

こんな贅沢な作りは日本には少ないですね。日本だと面積いっぱいに店を並べようとしてしまいますから。

タロコモールのターゲット

タロコモール

タロコモール

ターゲット層は非常に明確です。20〜30代の若年層に絞っている感じです。年寄りは切り捨て、またファミリー層も切り捨てています。また観光客向けの土産物店が並んでいるわけでもありません。入居している施設やショップから見れば明らかです。

リアルの私と会ったことがある一部の人は知っていますが、実は私は百貨店やショッピングセンターでかつて働いていたことがあります。言わばこの道の専門家でもあったわけですが、そんな私から見てもここまで振り切ったのは本当に凄いことだと思います。

台中市にはいくつかの百貨店がある上、2023年春にはタロコモールのすぐ近くにららぽーと台中が完成する予定であることも大きく影響しているでしょう。

年寄りは百貨店、ファミリー層はららぽーとに行くでしょう。ターゲットを特化して差別化を計り生き残る方針だと思われます。

タロコモールの衣料品店

タロコモール

タロコモール

ショッピングセンターやデパートは何だかんだでメインは衣料品です。タロコモールもそれは同じで、やはり衣料品の店が多いです。しかし台湾の店だけでなく、日本を含めた世界中のブランドが並んでいます。

タロコモール

タロコモール

H&Mやユニクロ、そして台湾のユニクロと言われるNETなどもあります。世界的なスポーツブランドも並んでいます。

タロコモール

タロコモール

何となく日本のブランドを見ると嬉しくなります。どの店舗もかなり広い面積を占有しています。

タロコモール

タロコモール

EDWINとLEVI'S。入居する衣料品のショップを見ていても完全に若者向けの選択をしていることが明らかです。

タロコモールの雑貨店

タロコモール

タロコモール

雑貨関係のショップも多いです。ニトリもあります。

タロコモール

タロコモール

ダイソーも台湾で人気です。100円なの?と思われるかもしれませんが、日本で100円で販売している商品は39元で販売しています。現在のレートを考えると175円ショップという感じです。(1元=4.5円で計算)

なのでダイソーの商品は日本で買った方がお得です。

タロコモール

タロコモール

無印良品。やはり日本の店があると嬉しいですね。台中に住んでいる日本人も多いと思いますが、これは便利。

タロコモール

タロコモール

日薬本舗は台湾の会社の運営するドラッグストアですが、その店名の通り日本の製品を多く扱っている店で、最近いろんな場所で見かけますね。

タロコモール

タロコモール

ABC-MARTもあります。日本のショッピングセンターみたいです。

タロコモール

タロコモール

地下にはカルフール(家楽福)もあります。スーパーマーケットです。ここは24時間営業。便利ですね。

タロコモールの飲食店

タロコモール

タロコモール

タピオカミルクティーの発祥の地は台中の春水堂です。創始店は台中市内に別にありますが、タロコモールにも入居しています。

タロコモール

タロコモール

最近は台湾でも至る所で大戸屋を見かけますね。丸亀製麺も入っています。

タロコモール

タロコモール

日本のミスドやシャトレーゼもあります。

タロコモール

タロコモール

CoCo都可、三商巧福といった台湾の人気店、マクドナルドやスタバといった定番の店もあります。アメリカのColdStoneもありましたね。

タロコモールの娯楽施設

実はこのショッピングセンターの一番の特徴は娯楽施設、遊戯施設が多いことです。

タロコモールRoller186滑輪場

タロコモールRoller186滑輪場

タロコモールには若者向けの娯楽施設が多いです。まず驚いたのはRoller186滑輪場というローラースケート場があることです。こんなものは日本にはなかなかないです。しかもこれショッピングセンターにあるのです。

タロコモール大魯閣保齡球館

タロコモール大魯閣保齡球館

ボーリング場もあります。大魯閣保齡球館。

タロコモール

タロコモール

ダーツもあります。その他、バッティングセンターやバスケットボール場まであるのです。こんな施設なかなかありません。

タロコモール

タロコモール

巨大なゲームセンターもあります。最早あって当然かもしれませんが立派な映画館もあります。とにかくこういった施設が多いので、雨の日でも遊ぶことができます。

タロコモール

タロコモール

娯楽施設ではありませんが、台湾では珍しい屋内の喫煙所もありました。

まとめ

タロコモール

タロコモール

今回タロコモールに行ったのはたまたまホテルが近かったのと、雨が降ってきたので何となく立ち寄ってみただけでしたが、個人的には結構衝撃的でした。ただの駅前ショッピングセンターだとばかり思っていたので考えを改めました。

だって、映画館、ローラースケート場、バッティングセンター、バスケットボール場、ボーリング場なんかがあるショッピングセンターなんて日本にもないですよ、多分。ある意味アミューズメント施設だと思いました。

特に観光客向きではないですが、例えば雨や台風で予定が狂ったけど、ホテルで寝ているだけじゃつまらないなんていう時にはおすすめです。

台中駅の近くなので台中に行ったら一度は寄ってみてください。

台中ではタロコモール(大魯閣新時代購物中心)の隣にあるツインスター ホテルに宿泊しました。台中駅を拠点に観光に行くならロケーションは最高です。

 

 

-台湾観光
-, ,