台湾観光

台南市のホステル掘旅青年旅舎(Journey Hostel)に宿泊

2022年11月17日

台南市で印象に残るホテルに宿泊しました

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

今回の台湾旅行も台北、高雄を回って後半に入っていきます。高雄の後は徐々に北上する予定で、今回は台南市に3泊しました。

別の記事に書きましたが、当初台南で宿泊予定だったホテルに宿泊拒否をくらい、宿無しとなった私たちは急遽別のホテルを探すことになりました。

そして予約したホテルがこの堀旅です。

私のこのブログには様々な飲食店やホテルについても書いていますが、本当におすすめしたい店やホテルしかその詳細は記載していません。

今回の旅でも5つのホテルに宿泊しましたが、紹介するのは高雄のホテルとこの台南のホテルだけです。

堀旅(Journey Hostel)について

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

ホステルなので相部屋だったり、シャワーやトイレが共同だったりするリーズナブルな部屋もあるのだろうと思いますが、私たちが宿泊したのは4階のクアッドルームで、個室なのでシャワーもトイレも専用です。

ホームページは下記からご覧ください。

全てがシンプルで使い勝手が良くオシャレな空間

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

まずは部屋の中を見てみましょう。クアッドルームなのでダブルベッドが2つ。床面との段差が低く、万が一ベッドから落ちても大丈夫そう。

細かい点を言えばベッド横に電源とUSBを差し込めるところが3つあって、これが意外と便利でした。

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

残念ながら風呂はないですが、割と広めのシャワールーム。洗面所や風呂は打ちっぱなしの壁。全体的にシンプルで飾り気がない分、逆にオシャレ感がある。

ウォシュレットは手動のものがあります。手動のウォシュレット?と思うかもしれませんが、台湾にはたまにあります。

堀旅JourneyHostel手動ウォシュレット

堀旅JourneyHostel手動ウォシュレット

これです。レバーを引くと水が出てきます。注意しなくてはならないのは、いっぱいにレバーを引いてしまうととんでもない勢いで水が出ることです。軽くレバーを引きましょう。

そもそも台湾ではウォシュレットがないホテルが多いです。高級なホテルならあるのではないかと思われるかもしれませんが、そうでもないようです。そもそもまだあまり普及していない状況なのです。

日本と同じようなウォシュレットが付いているホテルは少なく、このような手動のウォシュレットが付いている場合もあります。ないよりはマシと思うか、ないに等しいと思うかは人それぞれ。

堀旅JourneyHostelベランダ

堀旅JourneyHostelベランダ

そして最高に良かった点はベランダが付いていたことです。大きなベランダではないですが、椅子もあるので休むこともできます。部屋からすぐに外に出ることができる開放感はとても良いものです。

堀旅JourneyHostelベランダ

堀旅JourneyHostelベランダ

景色はほとんど屋根しか見えず、良いとは言えませんが、それでも開放感はあります。隣の家の上階の空間は一体どうなっているのかを考えるだけで楽しかったです。

堀旅周辺の環境

堀旅JourneyHostel周辺

堀旅JourneyHostel周辺の育楽街

堀旅ホステルは台南駅から歩いて5分くらい。東側のロータリーがない大学方面です。近くには国立成功大学があり、その学生目当ての安くて美味しい店がたくさんありました。夜になると屋台も増えて夜市っぽい感じになります。

斜め向かいにはファミリーマートもあり安心です。朝から営業している朝ごはん屋さんも多く、夜はほぼ全ての店が営業しているので食事には全く困りませんでした。

堀旅JourneyHostel周辺

堀旅JourneyHostel周辺の育楽街

夜はこんな感じです。学生が多いので安くて美味しい店ばかりです。観光客は皆無です。

堀旅館内の共用設備

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

ロビーはこんな感じで1階です。館内どこに行ってもシンプルで落ち着く内装です。なお、エレベーターは4階まで。部屋と同じキーカードを使って動かします。屋上は5階ですが、4階からは階段を使います。

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel

ホステルですので共用のキッチンもありました。1階です。高級感があるホテルよりは、こういうシンプルで使いやすい雰囲気の方が私は落ち着きます。

堀旅宿泊料金

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostelロビーで靴を脱いで館内はスリッパ

宿泊料金はクアッドルーム2名、3泊、朝食なしで日本円で約31,000円でした。

急遽手配したホテルですが、結果オーライ。当初のホテルではなくて良かったと思っています。そんなに激安とは言えませんが、このロケーションでこの内容なら個人的には安いと思っています。

堀旅の悪かった点

堀旅JourneyHostel屋上から夜景を見ることができます

堀旅JourneyHostel屋上から夜景を見ることができます

良い点ばかりを書いていますが、100点満点ではありません。悪かった点、残念だった点も書いておきます。

  • T字カミソリがアメニティになかった(有料)。仕方なくコンビニで購入。
  • ランドリーがなかった。(近所にコインランドリー多数あり)
  • やっぱりちゃんとしたウォシュレットがあった方が良かった。
  • トイレが紙をトイレに捨てられないタイプ。

カミソリがなかったのはちょっと残念でしたね。

ランドリーがなかったので、台湾でコインランドリーにここで3日、次の宿泊地台中でも3日使いました。台湾のコインランドリー博士になったのでそれをこちらにまとめましたので知りたい人はご参照ください。

台湾のトイレはまだ多くのところでトイレ内に捨てられない感じですが、実際は少量なら捨てても大丈夫です。

ただ一度に大量に使って捨てると詰まることがあり、その場合は修繕費用を請求される可能性がありますので、少し使ったらすぐ流すようにしましょう。もしくは横にある蓋付きのゴミ箱に入れましょう。

でもやはり紙を流せるトイレの方が安心しますね。流せない原因は下水管が細い場合があることと、紙が水溶性ではないことがあるようです。最近では紙は水溶性のものも多く販売していて実際はほぼ大丈夫らしいですが、やはりちょっと心配。

上記は悪かった、というよりは、これがあればもっと最高だったという感じです。

まとめ

堀旅JourneyHostel

堀旅JourneyHostel看板猫

看板猫がお迎えしてくれる台南市の堀旅青年旅舎、いかがでしたでしたでしょうか?

3日間滞在中会ったスタッフは全員若い台湾人女性ばかりで、英語は話せても日本語は話せないものの非常に親切でした。翻訳アプリで翻訳しながら必死で片言の日本語を話すスタッフもいました。

台南はデパートやショッピングセンターもあり都会的な面もありながら、少し駅から離れるとローカル感がすごいです。それでも観光客の多い台南料理の超有名店がいくつかあり、そういうところでは日本語が使えたり、ちゃんとした日本語メニューがあったりもします。

また古跡も多く残り、かつては一府(台南市安平)二鹿(彰化県鹿港)三艋舺(台北市萬華)と言われ、台湾で随一の都市であり、今でも古都と呼ばれています。

都会であり、ローカルであり、おもてなしができる観光地で、独自の(食)文化が発展する台南は他の台湾の街とは少し違っていて本当に興味深いです。

台南にまたいつか行くことがあったら泊まっても良いなと思えるホステルでした。ありがとうございました。これを読んでいるあなたも機会があったら是非泊まってみてください。

[お得なチケット]新幹線を利用すると台北も台南も高雄も移動が楽ちんです!

台湾新幹線乗り放題 高鉄3日パス・フレキシブル2日パス|外国人限定

-台湾観光
-, ,

© 2022 台湾ウォーキング